(この記事は備忘録です。同じことをされる場合は自己責任でお願いします)

WordPressのセキュリティーをあげるために

情報を暗号化をして送受信してくれるというSLLを設定したいと思い四苦八苦。

 

ロリポップのレンタルサーバーを利用しているので、

無料で使うことのできる「共有SSL」と

「WordPress HTTPS(SSL)」というプラグインを使えば簡単にSLL対応にできるというので

インストール。

https

 

SSL Hostに共有SLLのURLを入れる。

他の参考にさせていただいたサイトをみるとここでディレクトリを指定と書いてあるのですが

ど素人の私はなんのことだかさっぱり・・・。

いろいろ調べましたがわからず・・・それっぽいのを入力してみるもハズレ・・・。

最終的に自分がディレクトリというものをそもそも設定できていないということこに気づき

共有SLLそのものを入れたらビンゴ!

無事設定できました。

 

ついでに公開しているHPのお問い合わせページも

このプラグインでSLLを設定したHTTPSページにしました。

お問い合わせページの編集画面右にあるメニューの

HTTPSのSecure postにチェックするだけ。

URLは独自ドメインではなく共有SLLの方に変わってしまいますが

安全性が高まるのでSLLで。

 

ただこのプラグインでの副作用が今のところふたつあります。

ひとつは編集画面でプレビューができないこと。

もうひとつはGoogle MAPの埋め込み地図が表示できないこと。

プレビューに関しては諦めました。

Google MAPは違うプラグイン(Simple Map)で対応しました。

 

参考にさせていただいたサイト

http://viral-community.com/wordpress/wordpress-ssl-setting-1489/

http://isket.jp/wordpress/wordpresscontact-form7%E3%81%A7%E5%85%B1%E6%9C%89ssl%E3%82%92%E6%9C%89%E5%8A%B9%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95/

http://blog.t-alive.com/wordpress/plug-in/simple-map/

淡路島のタマネギ 5キロシリーズ【送料・消費税込み】

yahooM5 yahooL5 yahoo2L5 yahooW5 yahooB5

淡路島のタマネギ 10キロシリーズ【送料・消費税込み】

yahooM10 yahooL10 yahoo2L10 yahooW10 yahooB10

 

『淡路島からの贈り物 ものあわ』